2015年3月アーカイブ

年齢を重ねるごとに病気に対しての恐怖心も増してきます。
先日、乳がんと子宮がんの検診に行ってまいりました。
若いころは病気の事なんて全く考えた事なかったけれど、
年を取ってくるとね、他人事じゃないなと感じます。

今の日本では、死亡の原因の第一位が癌だと言われています。
そして、女性特有の病気に関しては
12人に1人の割合で乳がんになっているそうです。
しかも、乳がんの場合は分かりずらいから怖い。。。

乳がんに限らず女性特有のガンである子宮がんや、卵巣がんは
自分では分かりにくく、若年化しているそうです。
若いうちからなりやすい女性特有の病気とされていて
若ければ若いほど、進行も早いと言われていました。

子宮がんに関しては20代、30代での発症率が高まっているそうです。
乳がんに関しては30代の発症率が高いと言われています。

癌といえば、高齢者が鳴るものだと思っていたけれど、
特に女性特有のガンの場合は若い世代でも
発症する確率は十分にあるということです。

分かりにくく、知らず知らずのうちに進行してしまう
恐ろしい女性特有の病気。
何とか予防することはできないだろうか。

恐ろしい女性特有のがんを予防するために必要なことを
まとめてみました。
・定期健診
・食生活の改善
・運動
・気が付いたらすぐに病院へ

女性特有のガンである、
乳がんや卵巣がん、子宮がんの多くは症状が出ません。
痛いとか感じることがないので、
健診で見つけるしかないんですって。
乳がんの場合は、自分で触ってシコリがないかを
定期的に確認することができるけど、
卵巣がんや子宮がんの場合は、お医者さんに行くしかないですね。

また、食生活でも予防ができるようです。
野菜中心の食生活でビタミンなど
積極的に摂取すると癌の原因である
活性酸素を防ぐことができるそうです。
そして、女性特有のガンの場合、女性ホルモンが関係していると言われているため、
大豆製品を積極的に食べたましょう。
大豆製品に多く含まれているイソフラボンは
女性ホルモンに似た働きをするので女性特有のガンには
有効らしいですよ。

たばこは健康のために悪いと言われているけれど、
癌にもタバコはよくないそうです。
お酒も程々に。
お酒の飲みすぎもがんの発症率を高めるそうです。
適量で休肝日を作ることも大事というわけです。

運動も癌にならないためには大事です。
太り過ぎは癌にも良くないと言われているからです。

癌にならないため、健康を維持するために
心がけてみようかなと思ってます。

男ってどうしてこんなに女心が分かんないんだろうねー。
結婚して益々感じる。
年月がたってくるともう諦めですけどね。

女性は綺麗になるためには、努力するんですよー。
お金もかけちゃう。
口コミで評判が良い商品があれば試したくなるし、
テレビの通販番組を見てその気になって
つい電話しちゃうし、
綺麗になるためなら整形も真剣に考えてしまう。
豊胸手術だって真剣に考えますね。

男には理解できない、豊胸手術に走る女心。。
豊胸手術をしたいという女の子が多いそうですね。
胸が大きい方が洋服がかっこ良く着られるし
水着になっても魅力的に見える。
そうしたことから、若い女の子の中には真剣に豊胸手術を
考える子が増えているそうです。

胸が小さいと友達と温泉旅行に行くのも恥ずかしいし、
自分に自信が持てなくて胸の空いた洋服も着られない。
胸を強調しないようにするために姿勢だって悪くなっちゃう。
ってくらいの悩みを抱えているそうです。

ここまでコンプレックスに思っていること、
男は理解できないみたいですけど。
というのも、
男曰く、
そもそも、男は胸が大きい方がいいと思っていない。
見栄をはるな。
胸のために大金を払うなんてばかばかしい。
などと、女心も分からずバッサリですよ。

やっぱり男には理解できないようです。
豊胸手術にかかわらず、女性の美に対する気持ちに
理解できない男たち。
だからって、綺麗にしていないと
それはそれで文句を言うし。
まったくー、訳分かんない。

ただ、豊胸手術に関して現実的なことをいえば、
かなりお金もかかるし、アフターケアも必要なので
あまり、安易に考えてないほうが良いようです。
それに、バランスも大事だし、しっかりと先生と相談して
自分のイメージしている大きさをきちんと伝えないと
豊胸手術後になってこんなはずじゃなかった。
ってケースもあり、
トラブルになることもあるそうです。

もしも、真剣に豊胸手術を考えているなら
お金の事、アフターケアの事、
どこのクリニックで行ったほうが良いかなど
しっかりリサーチすることが必要です。

飲むだけで痩せる、飲むだけで美肌になる。
なんて、飲むだけでお悩みを解決してくれるサプリメントが
多く出回っていますね。

私もこういう飲むだけシリーズが大好きで
つい買っちゃう。
けれど、やっぱり飲むだけじゃ
中々効果って得られないような気がしています。
楽して何かを得ようとするのにはちょっと無理があるのかなー。
と思いつつ。。。
やっぱりまたつい、買うんですけどね。

こういう飲むだけシリーズの中にはバストアップできるというものもありますね。
例えばハイスピードプエラリア100とかピンキープラスとかです。
サプリメントでバストアップなんてできちゃうって本当?
主婦の目からモノ申します!

そもそも、胸って大きい方がやっぱりいいモノ?
と、思っちゃうんだけど。
だって、胸って脂肪の塊って印象しかありません。
胸が大きいと太って見えるし、胸ばっかり見られるだろうし、
肩はこるだろうし、生活面でのメリットって小さい気がしています。

とはいえ、胸が小さいことに悩んでいる人からすれば
重大な悩みですよね。
自分の悩みは人には分からないもの。
将来、私の娘が胸が小さいことに悩みを持つかもしれません。
そういう時が来たときのために、
知識を身に付けますか。

バストアップできるサプリメントについて調べてみました。
バストアップとサプリ。
どんな関係があるのかしら。
バストアップ効果のあるサプリメントには
女性ホルモンにかかわる成分が配合されています。
女性ホルモンに似た働きをする成分をサプリで服用することで
バストアップさせます。
バストアップには女性ホルモンがポイントになってくるようです。

女性ホルモンって、もともと女性の体にあるものでしょ。
それをサプリでさらに追加して体に影響ってないモノかしら?

・バストアップできるサプリメントの副作用について
バストアップするためのサプリには植物由来の成分が
入っているものが多いです。
そのため、アレルギーなどを持っている人は
成分を見てから服用しないと副作用がちょっと怖いかもしれません。

また、女性ホルモンをサプリメントでさらに追加することになるので
用量をきちんと守って服用しないと
ホルモン過多になって、頭痛や吐き気、眩暈などの症状が出る場合もあるそうです。

サプリメントって甘く見てしまいがちだけど、
体に取り込むものなので
体の調子を見ながら服用したり用法を守って服用した方が良さそうです。

女性ホルモンってどうやったら増える??
バストアップが女性ホルモンに関係しているんなら
自力で女性ホルモンを増やせないだろうかね。
調べた結果、
女性ホルモンって結構デリケートみたい。
冷えやストレス、ムリなダイエットなど生活面、食生活によって
バランスが崩れるそうです。
規則正しい生活、バランスのとれた食事などを心掛けることで
女性ホルモンのバランスを整えることができます。

生活スタイルの改善することで出来るだけサプリに頼らずに
お悩み解決したいものですね。

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。